« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月27日 (水)

言語学は興味深い

水曜日は休暇で市民病院へ。先週に予約した脳CTの検査を受けました。異常なしとの結果に一安心です。結局、偏頭痛の原因はわからずじまいでした。しかし、処方された薬を受け取る時、薬剤師が薬の飲み過ぎを指摘、これでは頭痛になると言われました。確かに病気が続き過ぎて、薬漬けになっていますからね・・・。夕方は寮の部屋に戻って岩波新書「エスペラント-異端の言語」を読破します。公正な視点で議論されていることに好感が持てました。やはり言語学は興味深いです。あとは発売日に購入したGARNET CROWのライブDVDをチェック。目当ては初期の名曲です。

手探りでゆこう 何にもなくったっていい

すべて終わるわけじゃない

<GARNET CROW「A crown」より>

記憶の忘却が進む

月曜日は起床してから食欲がなく、朝食を抜いて出社。先週と同じく不安に襲われたままです。業務にも集中できないので、早めに退社することにします。サッカー雑誌を購入しようと本屋に立ち寄ると、精神医学の書籍が目に入ったので購入。一気に読破しました。「気持ちが落ち込んでいる状態を異常と捉えず、自分の一面として受け入れる」との記述には、妙に納得させられてしまいました。

火曜日も朝は食欲がありません。ただし、気持ちは少し回復した気がします。担当業務も比較的順調に進みました。あとは以前の部署で私が担当した、特注の測定機器が納品されました。いろいろ苦労したので、喜びと達成感はあります。しかし、自分が担当したにも関わらず、仕様を完全に忘れています。以前の部署での記憶の忘却が、あまりにも進んでいて驚きました。望ましいことなのか・・・。

2007年6月24日 (日)

北勢線を乗り潰し

日曜日は思いつきで三岐鉄道北勢線の乗り潰しに出発。いわゆるナローゲージの路線です。しかし、関西本線でダイヤの遅れが生じたため、桑名での乗り継ぎに失敗しました。長い待ち時間ができてしまったので、少し歩いて桑名城址を散策します。佐幕派としてはチェックするべき史跡でしょう。雰囲気は高松城址に似ています。昼頃に西桑名駅から北勢線に乗車、終点の阿下喜駅まで移動します。噂の転車台も見ることができました。雨が激しかったのが残念です。三岐鉄道に移管されてからは設備が近代化されたらしく、あまりローカル色は感じられません。その後はサッカー雑誌を読みながら、まっすぐ帰ります。ちなみに道中はGARNET CROW→小松未歩→ZARDと、完全にBeing/GIZA三大美人の音楽漬けでした。鹿島も勝利が続いていますし、私も今週こそは気持ちを回復させましょう。

ぼんやりとした不安

木曜日と金曜日も細かい仕事の続き。しかし、やる気と集中力を完全に欠いた状態でした。要領良く進められないので、仕事は蓄積していく一方です。担当業務の増加量に、気持ちの回復がついてこない感じです。健康状態が心配なのか、少し息切れしているのか・・・。何かぼんやりとした不安に襲われています。金曜日の夜は同期の友人と飲み会。最近は数学の議論がブームです。現実は不条理なことが多いからこそ、純粋な理論が美しいと感じるのでしょう。

土曜日は心療科に通院。今は睡眠障害よりも偏頭痛と精神不安の方が深刻です。薬の処方も変更しました。午後は思いつきで一人カラオケ。またZARDを選曲の中心に据えてしまいました。やはりショックは大きかったのだなあ。他はGARNET CROW、Every Little Thingなど、完全に女性ボーカルが主流となっています。

2007年6月20日 (水)

休暇の取得を決断

水曜日は休暇の取得を決断。頑張れば出社できますが、軽度とはいえ先月から続く偏頭痛と様々な症状が心配なので。久しぶりに最寄りの市民病院に行きます。診察では問題ないと言われましたが、念のために頭痛薬を処方して頂き、来週に脳CTの予約もしました。うつの人の話し方と指摘されたのが気になります・・・。おそらく精神的なものが原因だとは思いますが、ちゃんと検査するに越したことはありませんからね。最近はキーボードの練習で気分転換をしています。課題曲はCHAGE and ASKA「HEART」です。

昨年に名古屋に赴任して気管支炎に始まり、健康診断では癌の疑いをかけられ、趣味の献血も断られ、うつと睡眠障害に襲われ、今回の偏頭痛と試練が続きます。まずは健康を大事にして踏ん張らなくては。これだけの才能(?)を持ったまま、潰れる訳にはいきません。

研修生との雑談会

月曜日は部に仮配属された研修生との雑談会に出席。穏やかに終わらせるつもりだったのですが、私の異動が話題になってしまい、研修生を脅してしまったような・・・。申し訳ないことをしました。もう少し配慮するべきでしたね。そして、私の前の部署に仮配属となった研修生が真面目な方だったので、ちょっと心配になりました。既にプレッシャーを掛けられているとも聞きましたし。あんな思いは誰にもさせない、絶対に。この日は細かい仕事を進めますが、夕方に偏頭痛が酷くなったので、早めに退社します。

火曜日も細かい仕事の続きと、製品の品質向上の業務に取り組みます。しかし、素早くこなすことができません。書類作成でも文章に詰まることが多いですし。思えば最近は会話すら要領が悪くなっているような気がします。自分でも少し心配になってきました。

2007年6月17日 (日)

思いつきで帰省

金曜日の定時後はダニ駆除のため、会社を追い出されます。週末も出勤できないので、思いつきで帰省を決めました。先週、心療科で実家帰りを勧められましたし。名古屋駅に到着すると、新幹線が遅れているとのこと。予定より40分遅れくらいで実家に到着します。そのまま土曜日と日曜日は実家でゆっくり過ごします。両親と雑談をしたり、書庫で後南朝関連の本を読んだり。夕方は元気いっぱい「はる」の散歩です。Jリーグもチェック。鹿島は苦手の広島に5-1の大勝です。若手の調子が上がっているのが良いですね。

日曜日の午後に新幹線で名古屋に戻ります。やはり横須賀の実家は心身共に休まりますね。寮ですと会社にいるような感覚で、どうも疲れが取れませんから。そして、高校時代の盟友である傘倉奏氏より、第1子誕生予定の連絡を受けました。おめでとうございます。

新人が配属される

月曜日から金曜日まで試作品の評価業務。比較的、順調に進みましたよ。しかし、軽い偏頭痛は続き、あくびも止まりません。その上に階段の踏み外しを連発、物忘れと言葉の詰まりも増えている気がします。さすがに疲れが蓄積していますか・・・。あとは入社2年目にも関わらず、然るべき仕事の部とりまとめを担当します。これも蒲冠者源範頼の思し召しでしょう。そして、私と同じ部署に所属している派遣社員の方がhideファンで、横須賀やドブ板通りに興味があると言っていました。出身者としては嬉しい限りです。

新人が私の部署にも配属されました。真面目そうな方でプログラムの知識も豊富です。既に実力では抜かれていますね。私は似非カウンセラーとして、研修生全体をバックアップできればと思います。ちなみに研究室の後輩のJ君は、I先輩と同じ部署に配属されました。

2007年6月10日 (日)

日帰り温泉と焼肉会

日曜日は会社の友人と日帰り温泉に出発。しかし、落雷のため臨時休業だったので、他の場所に向かいます。こんなこともあるのですね・・・。露天風呂につかりながら、いろいろな話ができて有意義でしたよ。夕方には寮に戻って、会社の友人と焼肉会を開催。私の高校時代の友人であるバ・チェラ氏も交えて、下らない話で大いに盛り上がりました。夏には侍り社のメンバーで飲み会を実施したいです。夜は盟友のN岡氏と様々な議論が白熱します。彼のレスポンスは最高ですよ。制御理論が語れる貴重な方です。是非とも一緒に教科書を執筆したいです。今週は安定した心で仕事ができることを祈ります。

誰かに必要とされたいから

誰かの為にガンバってる

<ZARD「サヨナラは今もこの胸に居ます」より>

抗不安薬を処方される

土曜日は睡眠障害の通院。収まらない偏頭痛とあくびの話をします。常に緊張状態にあるとの診察で、抗不安薬を処方して頂きました。確かに昔から自分にプレッシャーをかけ過ぎる傾向があるからな・・・。おそらく意欲的に働きたい気持ちと、うつの再発を恐れてブレーキをかける気持ちが衝突して、精神的に不安定になっているのでしょう。先生からは趣味を充実させること、実家に帰って休養することを勧められましたが、これらに関しては十分なはずですし。まだまだ治療に時間がかかりそうです。

午後は寮で読書をしたり、音楽を聴いたり。Jリーグの試合もチェックします。サッカー日本代表のキリンカップは見れなかったのが残念です。アジアカップの3連覇を期待していますよ。五輪出場も達成できるように、男女共に応援しています。

美しい数学と私の使命

金曜日の夜は激しい雷雨でした。会社帰りでずぶ濡れになりましたから。そして、同期の盟友「教授」と飲みながら議論をします。純粋にアカデミックな議論ができる貴重な場ですよ。他の飲み会でこれをやったら、完全に嫌がられますね。今回は数学の美しさで盛り上がりました。次回までにフェルマーの最終定理と、オイラーの発散級数の和を勉強しておきます。会社に入ってから数学とは離れているので、この場を利用して知識の維持に努めたいです。

来週の金曜日に配属される新人も話題になりました。うつで休職者を出している部署の人が、今年は犠牲者が出るかなと笑って話しているところを耳にしたことがあります。正直申し上げて、とてつもなく腹立たしかった。今年の新人の心の支えとなるのは、私の使命だと思っています。そして、その必要がないことを切に願っています。

不思議な偶然が多い

月曜日は工場見学に来た学生との面談に出席します。彼らは意欲に溢れていますね。良い刺激にはなりましたが、人事に見張られている上に際どい質問もあったので、回答の言葉を選ぶのに苦労しました。さすがに異動の真相は話せませんからね・・・。またお願いしますと人事には言われたので、これからも面談の機会はありそうです。

火曜日で図面を描く仕事が終了し、水曜日から金曜日は試作品の評価業務に復帰します。この方が性に合っています。しかし、今週は軽い偏頭痛が続き、あくびも止まらず、コンディション不良でした。そして、個人的に驚くことがありました。関連会社に勤務している大学の同期のH松君が、私の部署と接点があることがわかりました。世間は狭いものですね。他にも私の正面の席がチョウノさんだったり、工作への内線番号が8642だったりと、不思議な偶然が多いです。

2007年6月 3日 (日)

アマチュア日本史研究

日曜日の出来事は続きます。知り合いの方のグループと話をすると、以前に私と同じ会社に勤めていた方がいて驚きました。世間は狭いものですね。次は歴史民俗資料館で森家ゆかりの展示物を鑑賞します。その後は単独行動で城址の散策に出発。本格的な山城で迫力がありましたよ。迷わずに一周できましたが、韓国陸軍中尉と富士山に登った私の足でも30分かかりました。よい運動もして読書とZARDの音楽を聴きながら、名古屋市守山区に帰ります。

日本史を趣味とする方々と話をして、みなさんの情熱に圧倒されました。本まで作成されているとは恐れ入ります。横須賀にいた頃から感じていましたが、アマチュア日本史研究に関しては、男性よりも女性の方が活動的な気がしてなりません。私も母親が師匠ですし。

兼山の可成寺にて

日曜日の出来事の続きですが、バスに乗車して兼山まで移動します。かつては名鉄八百津線が走っていましたが、廃線になってしまったので。築堤やガードの跡は残っていました。そして、目的地で森家ゆかりの可成寺に到着します。個人的には長久手の戦いで戦死した森長可が好きですが、織田信長の小姓だった弟の森蘭丸の方が有名だと思います。まずは墓所で手を合わせますが、可成寺の裏が八百津線跡になっていたのには驚きました。木曽義仲の子孫の方の歴史講演会も聞きます。私は平家物語の時代を最も得意としているので、なかなか興味深かったです。

そして、知り合いの方に声を掛けられました。私の捜索網を張っていたとのこと。お目にかかれて光栄です。ネットワークにも恐れ入りました。まあ私も見つかるように姑息な工夫をしましたけど・・・。

小旅行で政治を考える

日曜日は岐阜県可児市兼山に小旅行。ZARDの音楽を聴きながら。中央線で多治見まで出て、太多線に乗り換えます。ウォーキングと重なったらしく、ディーゼル車は年配の方で満員でした。可児からは名鉄広見線に乗車。いわゆる「前展」を楽しみ、明智駅で下車します。バスの待ち時間を利用して、昨日から読んでいた「参議院なんかいらない」を読破します。大学で政治ゼミに所属していた時は、師匠の名誉教授との議論テーマになっていました。私は選挙における党公認を廃止すれば、政党色が薄くなって独自のカラーが出ると思っているのですが・・・。次は「私たち、日本共産党の味方です。」を読み始めました。私は民主党支持で改憲派ですが、研究対象としての共産主義には興味があります。最近は労働環境を改善するために政治は何をするべきか、自分は何ができるのかを考えますが、明確な答えは出ていません。難しい問題ですね。

2007年6月 2日 (土)

キーボードを購入

土曜日の午前中は「教授」と一緒に名古屋市博物館へ。また名古屋城本丸御殿の障壁画展を見に行きました。まだ招待券を持っていたので。昼食でも昨日の飲み会の続きの議論が繰り広げられます。午後は単独行動で徳川美術館へ。外国の方が多かったですね。その後は栄で久しぶりの一人カラオケ。いつの間にかZARDが選曲の中心になっていました。もう何とも言えないですね・・・。歳を重ねるに連れて音楽への依存は進んでいます。

次は楽器屋に向かい、キーボードを購入。以前からの計画を実行に移しました。作曲のツールとしての意味もありますが、純粋に弾きたい気持ちもあります。あまり頭を使わない趣味を始めたかったので。侍り社へのゲーム音楽提供、電事故総裁への鉄道ビデオ音楽提供、鉄研部歌制作など野望は膨らみますが、長い道のりですね。

必要とされるならば

金曜日に仕事をしていると、人事から電話が掛かってきました。内容は来週に学生の工場見学があり、若手社員との面談の場を設けたので、それに出席して欲しいとのこと。なぜ私に声が掛かったのかは不明ですが、リクルーター業務が評価されたのでしょうか。上司に相談してスケジュールを調整し、引き受けることにしました。私が必要とされるならば喜んで。自分自身が学生から刺激を受けたいのも理由です。最近は人事との結び付きが強くなっているな・・・。

夜は同期の友人と飲み会。彼は私が「教授」と呼んで尊敬してやまない方で、よく一緒に飲みに行って技術の議論をします。最近は会社の愚痴が多いですが。家族ネタでも盛り上がります。家庭環境が類似しており、学生時代は研究漬けだった点も共通しているので、近いものがあるのでしょう。野望も同じで大学教員です。

やり切れない一週間

月曜日から金曜日まで図面を描く仕事が中心でしたが、モチベーションの維持が難しかったです。ZARDショックもそうですが、私と日本史トークができる派遣社員の方が部署を去ったこともあります。彼には惟任日向守が通じましたし、小栗上野介忠順も知っていましたから。本当に残念でなりません。またどこかでお会いしたいです。仕事も報われないことの繰り返しで、どうかしそうになりましたよ。こういう時は絶対に無理をしない。うつを再発しないために重要なことです。精神安定のためとはいえ、「何でも頑張る」私の長所が失われつつあります。本当は逃げているだけなのか、最近は葛藤の繰り返しですね。これだけは自信を持って言います。仕事ができなくても、偽善者と言われても、「人の痛みがわかる優しい心」だけは持ち続けたいです。まずは労働組合からのアンケートを意見で埋めて提出しました。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

侍り社グループ

友人のブログ

鉄研先輩のブログ

ネット知人のブログ

応援しています