« 参院選を振り返る | トップページ | 三浦半島と良識の府 »

2007年7月30日 (月)

民主党の正念場

私は学生時代から民主党を応援しています。前回の総選挙でショックを受けた分、今回の参院選の大勝を嬉しく思っています。しかし、これは明らかに安倍内閣の敵失に助けられています。それを自覚して今後の議会運営に臨んで頂きたいです。先週の部署の飲み会でも話題に上がりましたが、消去法で民主党に投票している有権者は少なくないと思われます。このような浮動票は簡単に流れてしまいます。そして、小選挙区制度が浮動票の重みを増幅します。前回の総選挙と今回の参院選で、自民党と民主党の立場は完全に逆転していることが、それを如実に示しています。現在の選挙制度は衆参共に、極めて「風」の影響を受け易いのです。S名誉教授は「無党派層の浮動票は2票分の価値があり、彼らが選挙結果を決めている」と表現しました。浮動票をつなぎとめないと、急速に党勢は衰退します。これからが政権交代を目指す民主党の正念場です。

« 参院選を振り返る | トップページ | 三浦半島と良識の府 »

コメント

会社の人も,「自民は嫌だから民主にした」
って言ってる人がいました.
もし,落選させたい政党に×マークを付けるとか
言う制度だったら,自民が大量の票を集めることになりそうですね.
そんな自分は消去法で共産党を選んだけど,
誰が居るのか良く分かってない無党派層.

落選させたい候補に-1票を投じられるようにすべきとの提案は、
現実にあると聞いたことがあります。採用の可能性は薄いですが。

共産党は「確かな野党」と唱えていては、政権獲得の意欲が感じられません。
もう少し柔軟になって欲しいです。普通、消去法なら民主党でしょう・・・。

今回の選挙は、なんか相手のミスばかりみつけて非難合戦だったように感じました。正直言って、バカバカしくなりました。事務所費うんぬんの話は、もう飽きました。いったい、この金額は歳出の何%を占める話なのでしょうか。もっと根本的な議論をして欲しかったです。

マスコミも偏向報道だったような感じがします。優勢解散のときは、自民に。今回は民主に。事務所費うんぬんは、民主の党首にもあったはず。それなのに、なんか変。有権者も、なんか風に流されすぎです。もっと、目先のことだけでなく長期的な視点でものごとを考えて欲しかったです。有権者は、なんかいい加減に感じました。

今回の参院選では、争点が年金になりましたが、その問題は以前から言われていた話ですが、いまさらの感が否めません。もっと外交や環境といった問題があったはずなのに、なんだかな。

自民が嫌だから民主という声は確かに多かったと思いますが、これは永続的な民主支持票とは到底思えません。政策を見ても、ちょっと昔の自民党と大差ないように感じます。次の衆院選で民主がどのくらいとるかみものです。

私は、消去法でも絶対に民主には入れません。

いつも思うこと、参院はいらないと思います。公務員は仕事してないから、給料下げようとか、人数へらそうとか言っているけれど、国会議員も自ら国家予算の削減に貢献すべきだと思います。参院がなくなったら、どんだけ予算が削減されることでしょう。参院があったて結局は、衆院のカーボンコピー。参院で否決されたって、結局は衆院の優越。なんか無駄。いらないでしょ。参院は。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 参院選を振り返る | トップページ | 三浦半島と良識の府 »

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

侍り社グループ

友人のブログ

鉄研先輩のブログ

ネット知人のブログ

応援しています