« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

創作活動が進まない

日曜日は昼過ぎまで寝ていました。疲労が蓄積していたのか、全く力が入らなかったので・・・。夕方にブログ投稿をすると、週末がほとんど終わってしまいます。やはり休日出勤は良くないですね。趣味の時間が削られる上に、疲労を溜め込むことになりますから。これでは創作活動が進みません。平日に少し頑張れば、どうにかなる仕事量でもないですし・・・。最後は割り切るしかないようです。あとはサッカーの話題。W杯アジア最終予選の組み分けが発表され、日本はオーストラリアと同組になりました。韓国、北朝鮮、イラン、サウジアラビアと当たらないのは大きいです。それでもアジアの戦いは厳しいですから、油断はできません。EURO2008の決勝はドイツ-スペインとなりました。トルコとロシアの対決を見たかった気もしますが。

瑞穂で鹿島が完勝

土曜日の夜は瑞穂陸上競技場でJリーグ観戦。選手紹介では名古屋のMF深井選手(元鹿島)と、ストイコビッチ監督へのブーイングが大きかったです。まずは前半で鹿島のFWマルキーニョス選手が先制、MF小笠原選手のミドルシュートで突き放します。名古屋はオフサイドでゴールを取り消され、FW玉田選手がPKを失敗するなど運がありません。後半も鹿島はMFダニーロ選手がミドルシュート、試合終了間際にも加点して、0-4で完勝しました。Jリーグで鹿島の勝ち試合を見るのも、名古屋の負け試合を見るのも、私にとっては初めてです。盟友のニッポリウム氏にも電話を掛けて、喜びを分かち合いました。今回はMFダニーロ選手のボールキープ力と、アイドル感覚でDF内田選手を応援する、女性サポーターが印象に残りました。

学問を昇華させる

金曜日は会議と庶務で一日が終了。定時後は盟友の「やっさん」と飲み会。宇宙物理学の議論が熱かったです。やはり私は学者肌なのだと再認識しましたよ。しかし、技術は生活の糧にできても、科学を職業にするのは狭き門・・・。その意味では歴史学に近いのかもしれません。感性を鈍らせないためにも、週末の議論は貴重な機会です。魅せられるから勉強するだけ。学問を昇華させることに目的は要らないのですから。身近に理解者がいるので、本当に心強いです。

土曜日は朝から夕方まで出勤。チャゲアスを聴きながら、滞留していた業務をこなしますが、それでも全ては終わりません・・・。退社後は瑞穂陸上競技場へ。楽しみにしていたJリーグの名古屋-鹿島戦です。このカードだけはアウェイ側に着席します。雨が降っていました。

不思議な縁を感じる

火曜日は休暇後の出勤だったので、蓄積した書類の処理に追われます。喘息の発作も重なり、正直しんどかったです・・・。水曜日は抑うつ的な気分に襲われますが、修正することができました。このような時はペースを落としたり、簡単な仕事に切り替えることにしています。木曜日は評価業務が順調に進みました。隣で新入社員が勉強していたので、頑張り過ぎるなと声を掛けたり。夜は関係会社との打ち合わせ。大学時代に同期だったH君と、初めて仕事で顔を合わせました。名古屋で一緒に仕事をすることになるとは、不思議な縁を感じますよ。打ち合わせ後は2人で雑談で盛り上がります。また悲しい知らせを聞いてしまいました・・・。他にも大学時代の同期が、名古屋地区で働いていると聞いたので、飲み会も企画したいですね。

2008年6月23日 (月)

故郷と家族と友人

月曜日は近所の医院で喘息の薬を補充します。最近は発作の回数が増えて困りますよ・・・。その後は中学校の大先輩が勤めている、衣笠の床屋で散髪。いろいろ雑談もできて良かったです。午後は新幹線で名古屋に戻ります。この週末は休暇を取得して、帰省を計画しました。仕事で少し疲れ気味だったので、実家に帰って体勢を立て直したかったのです。父親は退職してから農業に精を出し、母親は横須賀開国史の勉強を続け、祖母は90歳を超えても壮健です。妹も東京でしっかり仕事をしているようですし、「はる」はいつも元気です。私だけがへばっている訳にはいきません。それでも無理は良くないですから、適度に頑張りましょう。やはり故郷の横須賀と、実家にいる家族と、学生時代からの友人には、精神的に助けられますね。

最終予選は難しい

日曜日は朝から夕方まで寝ていました。力が完全に抜けてしまい、起き上がるのが面倒でしたから・・・。実家に帰って気が緩み、疲れが一気に出たのでしょう。夜はサッカー日本代表のW杯アジア予選、バーレーン戦をテレビ観戦します。前半にFW佐藤寿人選手のドリブル突破からPKを獲得するも、MF中村俊輔選手が失敗。なかなか日本はチャンスが作れません。後半ロスタイムに鹿島のDF内田選手のヘディングがバウンド、途中出場のFW巻選手のプレッシャーからバーレーンが処理できず、これがゴールに吸い込まれて決勝点となります。最終予選は難敵だらけ、さらなる躍進に期待しましょう。EURO2008はトルコとロシアがベスト4進出。この展開を予想できたでしょうか。ルーマニアの敗退は残念ですが、大健闘と思います。

政治トークは刺激的

土曜日は新幹線で横須賀の実家に帰ります。「はる」が元気に迎えてくれました。夕方は高校時代からの盟友である、侍り社のメンバーと横須賀中央で飲み会。いつもの馬鹿げた話から、シリアスな職場環境の話まで、熱く語れる機会は貴重です。私もいろいろ考えさせられました・・・。ヴェハーリ(仮)氏との政治トークは、刺激的で楽しかったですよ。この分野では話相手が少ないので、私も勘が鈍っていますね。二千円札を「日本銀行券Me」と呼ぶセンスには脱帽です。二次会はカラオケ。女性ボーカル(特にEvery Little Thing)中心の選曲でした。私もレパートリー拡大に努めなくては。深夜に解散しますが、大雨になっていました。Juuma会長と徒歩で帰宅します。

部署の新人歓迎会

月曜日から木曜日は部署の開発エリアの移転対応や、割り込みの仕事に追われて、評価業務を進めることができません。金曜日はセミナーに出席。しかし、予定よりも大幅に長引いて、定時後の部署の新人歓迎会に遅刻してしまいました。もう後輩が4人もいるのですね。彼らに技術を教えることはできなくとも、彼らが働き易いように動き回るのが、自分の役割だと思っています。二次会はいつもの場所でカラオケ。期待に応えてチャゲアスを中心に選曲します。先輩からはもっと苦労すべきと言われますが、もう苦労なんかしたくありませんよ・・・。自分のペースで努力できればと思っています。あまり新人と話ができなかったのが残念です。1人は横浜出身らしいですし。

2008年6月15日 (日)

サッカー欧州選手権

日曜日の午前中は休養。さすがに今週の仕事は疲れました。午後はウェブサイト修正やブログ投稿など、寮の部屋でゆっくりします。サッカー欧州選手権(EURO2008)もチェック。私が注目しているルーマニアは大健闘です。イタリア&フランスと引き分けましたから。中心選手のFWムトゥは、コカイン使用でクラブを解雇された経歴があります。そこから更生して今季はセリエAで大活躍、ルーマニア代表でも副キャプテンとしてチームを牽引しています。どん底から這い上がったエースに注目しているのは、私だけではないはずです。イタリア戦でのPK失敗は残念でしたが・・・。ドイツがクロアチアに敗れたのも驚きでした。大会はグループリーグ最終戦、決勝トーナメントと続きます。まだ衝撃はありますよ。サッカーファンの話題は尽きませんね。

移転工事に立ち会う

土曜日は部署の開発エリアの移転工事に立ち会うため、朝から出勤します。安全衛生委員の管轄ですので。自分が作業をする訳ではないのに、ぐったり疲れてしまいました。指示を出すのも神経を使います。前日から声の出し過ぎのせいか、喉の調子もおかしく、風邪を引いてしまったようです。夕方には無事に終了して退社します。

夜はサッカー日本代表のW杯アジア予選、タイ戦をテレビ観戦します。前半でDF闘莉王&中澤選手がセットプレーから2得点。センターバックが日本代表の得点源ですから。途中出場のMF中村憲剛選手のゴールも見事でした。これで3次予選は突破しましたが、最終予選の相手は手強いです。深夜は盟友の「教授」に誘われて、いつもの居酒屋で飲み会。技術的な話題のレベルが高過ぎますよ・・・。

日本史で国際交流

金曜日は隣の部署に所属する、韓国人とアメリカ人と話をしました。彼らは日本が大好きで、京都観光を計画しているとのこと。京都の歴史の講義(?)をしたら、とても喜んでくれました。日本史好きであることが、素直に嬉しかったですよ。社員食堂では韓国人の方から、持参のキムチを頂いたりと、素敵な国際交流がありました。午後は部署の開発エリアの移転準備に追われます。私は社内のゴミ分別に詳しいので、活躍できるのですよ。仮配属された研修生にも手伝っていただきました。彼らは真っ直ぐですね・・・。定時後は会社の鉄道サークルの飲み会。Jリーグ好きの先輩から、名古屋-鹿島の観戦チケットを譲っていただいたり、他部署の鉄道マニアの方との会話があったりと、こちらも素敵な交流がありました。趣味の力は絶大です。

設計者から離れても

月曜日から水曜日は評価に取り組みますが、安全衛生委員の業務などに引っ張られて、専念して進めることができません。部署の開発エリアが週末に移転するので、その対応に追われます。木曜日は他の事業所から異動してきた、大学の同期に挨拶したり。まさか名古屋に来ているとは。早速、OB会幹事に連絡。後輩の相談にも対応します。所感はうまく文章にできませんが、部署をまたいで若手社員で助け合わなくてはと思いました。正直申し上げて、カウンセリングは気力を消耗します。それでも、草の根で続けなければなりません。今週は設計者らしい仕事をしていないな・・・。現在、課の安全衛生委員を担当していますが、部の安全衛生幹事への昇格が内定済みとの噂も。魅力的なポストではあります。たとえ設計者から離れても。

2008年6月 8日 (日)

制御理論のシナリオ

日曜日の午前中は休養。さすがに外出続きの疲労が蓄積していたのでしょう。完全に力が抜けていましたから。午後は「初学者のための制御理論」を解説する、@wikiの作成に着手します。「趣味空間・制御のとりで」にて一部公開中です。3人の架空の登場人物による対話形式で執筆することを考えています。制御理論とシナリオ作成の融合を思いついたのです。また企画倒れに終わりそうですが・・・。

あとはサッカーの話題。Jリーグのナビスコ杯では名古屋が浦和に圧勝。今季の強さは本物でしょうか。そして、決勝トーナメントに進出するチームが確定。ACL出場でシードの鹿島は清水と対戦します。女子代表はアジア杯で3位になりました。優勝を逃したのは残念ですが、女子はアジアのレベルが高いので、立派な成績だと思います。

良くも悪くも印象的

土曜日の深夜はサッカー日本代表のW杯アジア予選、オマーン戦をテレビ観戦します。前半に失点した時は、またかと思ってしまいました・・・。後半はFW玉田選手のドリブル突破からPKを獲得。MF遠藤選手が確実に決めます。世界でも指折りのPK職人でしょう。しかし、直後に日本もPKを取られてしまいます。GK楢崎選手が止めた時は、思わず声を上げてしまいました。1-1のドローで試合終了、最低限の結果は残せたと思います。FW大久保選手の一発退場もあり、良くも悪くも印象的な試合でした。来週末にはタイ戦、次はバーレーン戦と試合は続きます。鹿島のDF内田選手も頑張っていたので、今後の活躍に期待しています。そして、ヨーロッパでもEURO2008が開幕しました。イングランドの予選落ちは、残念過ぎますよ・・・。

2008年6月 7日 (土)

和算に興味を寄せる

土曜日は心療科に通院。久しぶりに先生と話をしました。やはり非常勤で勤務されている事業所が気になるようで、私も情報を提供しました。診察というよりも雑談になっていますが、そのおかげで精神の揺れが収束しているのでしょう。その後は栄で本屋めぐり。最近は盟友の「やっさん」に感化されて、数学がマイブームです。和算に興味を寄せているのですが、好みの本が見つからなかったな・・・。算木による代数方程式の解法が知りたいので。江戸時代には女性が執筆した数学書もあったそうです。ちなみに書名は「算法少女」です。鎖国していても、日本の数学レベルは高かったのですよ。午後は出勤して、リクルーターと部品関連の業務を進めます。夕方には退社。深夜にサッカー日本代表のW杯アジア予選のテレビ観戦があるので。

異動してきた後輩

月曜日から金曜日は評価と並行して、部品関連の業務も進めます。しかし、割り込みの仕事が多くて疲れますよ・・・。他の事業所から異動してきた、入社2年目の後輩とも雑談します。質問以上の答えを返してくれるので、話すと楽しいですよ。さすがは大阪出身です。多趣味とのことで、欧州サッカーの知識も豊富でした。元イタリア代表FWビエリが好きと言っていましたから。「重戦車」と呼ばれるプレイスタイルや、移籍を繰り返すクラブ遍歴の話題で盛り上がりました。金曜日の定時後は盟友の「教授」と、いつもの居酒屋で飲み会。互いの仕事を中心に話をしました。完全に常連と化しており、店の方からは「いつも難しい話をしている2人」と思われています。二次会は寮の部屋で、プログラミング言語の議論をしたり。機械語も奥が深いです。

2008年6月 1日 (日)

名鉄八百津線の展示

日曜日は供養祭の後、歴史民俗資料館へ。今回は地下に展示されている、名鉄八百津線の駅名プレートや運賃表を見ることができました。帰路は早起きのせいか、ほとんど眠っていました・・・。最近は週末も外出することが多かったので、疲労も蓄積していたのでしょう。名古屋の夏は暑いですから、しばらくはインドアで創作活動を進めるかな。そう言いながら、サッカー観戦とカラオケを頑張りそうですが。夕方には寮の部屋に到着して休養。台湾ラーメンを食べに行きます。

どの分野でもレベルの高い方との交流は、本当に良い刺激になります。「歴史愛」の空気に浸りたくて、私は兼山の訪問を続けるのでしょう。次にお話できる時(10月の武者行列?)を楽しみにしています。

歴史研究家の模範

日曜日は岐阜県可児市兼山へ。いろいろ縁があって、これで3回目の訪問になります。目的地は森家ゆかりの可成寺です。まずは名鉄八百津線跡を横断して、森家の墓所で手を合わせます。以前にお会いした方々とも合流して、供養祭が始まります。私も鉄道マニアとして有名なようです。お焼香をさせていただいた後、琵琶の演奏に聴き入ります。やはり日本の伝統楽器は趣き深いですね。次は個人的にメインイベントの講演会です。講師の方(当ブログもご覧になられている?)を存じておりますので。分かり易くお話されていたので、知識の浅い私は勉強になりました。講演後はご好意で資料までくださり、嬉しい限りです。仕事の傍ら研究に取り組まれ、出版や講演をこなされる情熱と、全国の歴史ファンに慕われている人柄には、本当に頭が下がる思いです。歴史研究家の模範となるべき方と思っています。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

侍り社グループ

友人のブログ

鉄研先輩のブログ

ネット知人のブログ

応援しています