« 幕末史は本当に面白い | トップページ | 無駄な仕事は日常茶飯事 »

2014年12月15日 (月)

労働法制改悪が最も心配

日曜日は徳川美術館を鑑賞します。午後は名古屋駅方面に移動して、いろいろ買い物をしたり。ズッコケ中年三人組の新刊と、ななろの碁を購入しました。前者は祖母の愛読書で、後者は囲碁の一種です。ボードゲーム好きとしては囲碁も覚えておきたいので。そして、帰宅途中に衆院選の投票を済ませ、夜は開票速報を見届けます。8時に大勢が決まったのは、概ね予想どおりでした。それでも前回より接戦の選挙区は増えた気がします。渡辺喜美氏や海江田万里氏も落選。これが小選挙区制の怖さです・・・。次世代の党の壊滅的敗北にも驚かされました。アベノミクスや消費税が注目されがちですが、個人的には経団連の言いなりの労働法制改悪が最も心配です・・・。

« 幕末史は本当に面白い | トップページ | 無駄な仕事は日常茶飯事 »

コメント

仕事の忙しさで選挙どころではなく候補者の声に耳を傾けない選挙戦を展開しました。
投票所に行って候補者が自共2人しかいなかったことにビックリ!
大事な1票なのでムダにはしてきませんでしたがなんだかなぁ~という感じです。

コメントありがとうございます。
私の選挙区は自民共だったので、まだ良いのですが、
自共もしくは公共一騎打ちだと、困ってしまいますね・・・。
小選挙区比例代表並立制は、総選挙のたびに、
欠点が浮き彫りになっているような気がします。
選挙ネタは止まらなくなるので、お会いした時に語りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幕末史は本当に面白い | トップページ | 無駄な仕事は日常茶飯事 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

侍り社グループ

侍り社友人のブログ

鉄研先輩のブログ

ネット知人のブログ

応援しています