« 苦戦の中にあると思って | トップページ | 相応の判断力を持つ人材 »

2023年6月 4日 (日)

歴史ファンの裾野を広げる

日曜日は妻と岐阜県可児市兼山へ。目的地は森家ゆかりの可成寺で、4年ぶりに開催された蘭丸供養祭の読経後、墓所に手を合わせます。昼食は供養祭に参加された皆様とご一緒して、浮世絵の話も聞くことができました。あとは美濃金山城の米蔵跡や戦国山城ミュージアムを訪問します。兼山をきっかけとして、うきき様を中心に皆様が集まるのは素晴らしいことで、その一方、歴史ファンの裾野を広げるにはどうすれば良いのだろうか・・・。帰宅後はJリーグの浦和-鹿島をDAZN観戦します。結果はスコアレスドローも、イングランド人のマドレイ主審は世界基準でした。夜は大河ドラマのどうする家康を視聴。織田信長の過剰な暴君イメージの拡散が不安です・・・。

« 苦戦の中にあると思って | トップページ | 相応の判断力を持つ人材 »

コメント

本当に久しぶりにお会いできて、森家の本拠地・兼山で楽しいひと時を過ごすことができました。

兼山の人も風景も訪れるごとに変わってしまってはいますが、やはりいつ来ても素敵なところでしたね。

Kijokazuさんご夫婦には、今回も色々とお世話になりました。
またお目にかかるのを楽しみにしております。

コメントありがとうございます。
こちらも楽しい時間を過ごすことができました。
兼山の街並みは少しずつ過去から遠ざかっているものの、
美濃金山城は発掘で過去に近づいているとも言え、
今後も妻と一緒に供養祭への訪問は続けていきます。
また兼山でお会いできる時を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苦戦の中にあると思って | トップページ | 相応の判断力を持つ人材 »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

侍り社グループ

侍り社友人のブログ

鉄研先輩のブログ

ネット知人のブログ

応援しています