« 横須賀を離れたからこそ | トップページ | 決断しない人が多過ぎて »

2024年2月11日 (日)

自分が家族を支えなくては

土曜日の夕方は実家の近所を散策します。私が通っていた小学校は完全に取り壊され、別の建物になっていました。食卓の雰囲気も子供の頃から変わらない一方、歳を重ねた両親からは時間の経過を感じさせられ、自分が家族を支えなくてはとの思いが強まりました。

日曜日は私が実家に残した物を整理します。大学時代の研究が表彰された賞状も出てきて、社会人になってからは技術者として飛躍できず、賞に泥を塗ったことが負い目でしたが、第一種電気主任技術者となり、これから挽回です。埃で喘息になるのも変わらず、それを覚悟して整理するしかない・・・。午後は新幹線で春日井に戻ります。まずは安心するも、今後のことも考えさせられた帰省でした。

« 横須賀を離れたからこそ | トップページ | 決断しない人が多過ぎて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横須賀を離れたからこそ | トップページ | 決断しない人が多過ぎて »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

侍り社グループ

侍り社友人のブログ

鉄研先輩のブログ

ネット知人のブログ

応援しています